見るだけで伝わる!それが動画の力です

動画で「魅せる」

文字にして説明していたものを動画にすると、ひと目でわかりやすく短い時間で説明することができます。


短時間で鮮明な印象を残す動画は
さまざまな場面で威力を発揮します。

TV、PC、スマホ・タブレットなど、映像は日常生活に必要不可欠になっています。 Youtubeやニコニコ動画、Ustreamをはじめとした動画共有サイトを使って ホームページを「魅せる場」にしてみてはいかがですか? 当社はジャンルを問わず、創造性の高い映像作品をご提供します。


コンセプト

人の表情が芽生える瞬間を大切にしています。

笑顔になる瞬間や真剣な顔つきになる一瞬など、 そういった映像は自然とドラマが立ち上がり、
見ている人を惹きつけれるものだと思います。

極端を表現したい

どこにでもある映像なんてありません。 映るシーンや人が違えばそれは100パーセントオリジナル。 ですが、表現はどうでしょう。 表現には様々あり、立ち止まって考えてみる価値があります。 見せ方や見え方を工夫するだけで心に残ったり、 伝えたい情報を最短距離で伝えることだって出来るかもしれません。 シーンやジャンル問わずまずはご相談ください。

主な使用機材に「シネマカメラ」を採用。

今までの映像制作は肩に担ぐ大きなカメラが一般的でしたが、 ビデオのテクノロジーは進化をはじめ、被写体によって使用カメラを変えるのが当たり前になったのは最近の事です。 主な使用機材に「シネマカメラ」を採用。 映画撮影やプロモーション撮影、CM撮影で使うような専門的な機材を運用しています。 特徴として、大きすぎず小さすぎない本体は、カメラを向けられた人の緊張が大きなカメラに比べて少なく、 カメラ慣れしていない方を撮影するにも最適なカメラです。 本体の大きさからは思えない高画質 絵の質感はやわらかく、綺麗な写真が動いているような映像を撮影する事ができます。

撮影制作スタッフ

私たちが物心をつくと同時にインターネットが普及し、 多感な時期にネットに親しみ、youtubeの誕生から世界中の映像作品を鑑賞するようになりました。 その頃からずっと注目し続けていた映像を作る側へ・・・ 目指す理想は、数年先も色褪せない映像であること。 インターネット時代の映像は、すべてネット上に残り 利用方法によっては無人で接客や情報発信を続けてくれます。 つまりこの先を見据えている事が大切だという事。 ご依頼の撮影規模によりチームで撮影を行います。


最先端のマルチコプター(ドローン)を使用した空中撮影

ヘリコプターによる空撮では困難な空域(地上~約150m)での撮影や、
立ち入り困難区域での調査など、マルチコプター(ドローン)を利用すれば安価でスピーディーな撮影が可能です。
まるで鳥になった様な、自由に空を飛んでいるイメージで撮影ができます。

当社が所有しているマルチコプター(ドローン)「Inspire 1」の特長

  • 耐久性と軽量化を念頭に設計され、計算しつくされた空力設計により、フライトコントロールの正確性の強化や長時間のフライトタイムを実現。
  • 搭載されているカメラは、4Kビデオ・1200万画素対応の静止画を撮影可能。
  • 9枚のレンズ、非球面レンズも採用したカメラ構成となりクリアな画像の撮影を実現。
  • HD対応リアルモニタリング機能搭載、モバイルデバイス上で720pのHD表示で確認。
  • カメラのコントロール、高度や速度、GPS感度やバッテリー残量など機体情報の表示機能、自動離着陸をワンタップで可能。
  • デュアルオペレータコントロールに対応。パイロットを二人にすることで、1人は機体操作に集中、もう1人は撮影に集中することができます。
  • GPSが利用できない状態でも、オプティカルフロー技術によりインドアフライトをアシスト。センサーはINSPIRE 1の位置と高度を確認し、着陸時に自動的にアームを下ろします。

PAGE TOP